お江戸日本橋東地区会有志が東横インの軽症患者へエール

2020.04.24
文、撮影:ユキイデ
新型コロナウイルスの感染者で、軽症・無症状の人が滞在している中央区浜町2丁目の「東横イン東京駅新大橋前」。
周辺住人たち有志(お江戸日本橋東地区会有志一同)がホテルへジュースや応援の横断幕を寄贈しました。

ホテルの入口にノボリが掲げられている

「お江戸日本橋東地区会有志一同」の名前でメッセージが

快癒祈願
せっかくこの下町に来て頂いたのに、何も出来ないのは心苦しい。
是非お身体を治してから、またいらしてくださいませ。

隅田川サイドには長さ6メートルの横断幕

新大橋へ繋がる道のフェンスに大きな横断幕が

感謝!みんなで日本を守ろう!
我々は皆様の行動に敬意を表します。もう少しの辛抱。
我々も行動を抑制します。力を合わせて困難を乗り気りましょう。

きっとホテルの窓から見えているはず

ホテルにいる皆さま頑張ってください!

このホテルは隣のマンションに入り組む様に密接しています。
最初に報道があった時、中央区民マガジンに周辺住人から「どうしてここが選ばれたのか?」という声が何件か寄せられました。
過去の記事もお読みください。
↓4月7日の配信記事↓

↓4月8日の配信記事↓

周辺住人の不安の声がありましたが、こうして有志の方の優しい気持ちが集まり、このようなメッセージを届けたのは素直に同じ中央区民として誇らしい気持ちです。
ホテルのなかで過ごしている方だけでなく、医療従事者や関係者の方、引き続き頑張ってください!
そしてそのご家族、ご友人の皆さまも頑張ってください!

ユキイデ (編集部)

2006年から日本橋エリアに住み始める。 南大阪生まれの巨漢。デスメタルが大好き。 おばあちゃん子。

→instagram
→Youtube

公式SNS