中央区民マガジン

東京都中央区を愛する区民のためのローカルWeb
    

東銀座好きならみんな友達!【第1回ヒガギンメイト】イベントレポート

~ アサゲ・ニホンバシの川路代表と松﨑煎餅の松﨑社長が登壇 ~

2023.04.28
文、撮影:ユキイデ
朝ごはんを食べながら東銀座にゆかりのある2名のゲストスピーカーのトークを楽しみ、交流するイベント「第1回 ヒガギンメイト」が、4月27日築地ボンマルシェで開催されました。

事前告知チラシ

主催の東銀座エリアマネジメントによると、初開催・早朝の7時30分のスタートにも関わらず、応募開始から2週間で40名が満席になったとのこと。イベント当日の参加者は、近隣で働くワーカーの方々が多いように見えました。

会場の築地ボンマルシェから提供された朝ごはんは「特製フォカッチャサンド」と愛媛県産カラーマンダリンオレンジの生搾りジュース。

今回のゲストスピーカーは株式会社GOLDILOCKS 代表取締役 川路武氏(写真右)と、株式会社松崎商店 代表取締役 松﨑宗平氏(写真左)。今回が初対面ということでしたが、イベント開始前にはすでに打ちとけて談笑している様子でした。

最初のスピーカーは川路氏。川路氏は独立起業する前は東銀座で勤務していたことがあったり、よく会社の仲間と食事に行ってたりしていたとのこと。川路氏といえば「アサゲ・ニホンバシ」(※)を開催するNPO法人日本橋フレンドの代表でもあります。今回のヒガギンメイトは、いわばアサゲ・ニホンバシの東銀座バージョン。アサゲ・ニホンバシの苦労話や面白かったエピソードを語ると会場から笑い声が。一気に会場に漂っていた緊張感がほぐれた様に見えました。

※アサゲ・ニホンバシとは
2012年から始まった、月に一度日本橋で開催される朝活交流イベント。前の100年=「マエヒャク」として創業100年以上の老舗企業から1人と、後の100年=「アトヒャク」としてベンチャー企業家・新進気鋭のクリエイター・アーティストなど1人を迎えて朝食を食べながら交流します。2023年4月21日(金)に最終回の100回目を迎え、11年続いたアサゲ・ニホンバシは幕を下ろしました。

続いて東銀座の人気和菓子店「MATSUZAKI SHOTEN」の松﨑氏。老舗和菓子店の八代目には見えない風貌ですが、柔らかい口調のトークで会場が和みます。
「煎餅って、海苔が巻かれていておばあちゃんがこたつで食べている、そんなイメージないですか? うちは(もち米ではなくて)小麦なのでちょっと違うんです。実は小麦の方が歴史が古いんです。」
参加者は食事をしながら、松﨑氏のトークに興味深そうに耳を傾けていました。
そして途中から「アンコマンないと」(※)の話へシフト。
「実は昨日、お店に大きな機材を導入したのですが、気持ち良くなってお酒を飲み始めてしまって…いま二日酔いです。今朝起きるのがしんどかったです(笑)」
松﨑氏が飾り気なくそう語ると、会場では笑いが起こりました。

アンコマンないと とは
音楽好きの和菓子店の若旦那が集まり、和菓子やあんこの魅力を発信する音楽イベント。松﨑商店の松﨑氏、空也の山口氏、木村屋総本店の木村氏などが自らDJとなり盛り上げます。会場では和菓子が配られたり、あんこ詰め放題企画が行われたり、ユニークな企画が人気で幅広い層から注目されています。

ゲストスピーカー2人のトークが終了後、参加者は事前に書いた「東銀座の気になるorおすすめスポット」を各テーブルで交換し、東銀座トークで交流します。
近隣で働いているという参加者の方に感想を聞いてみたところ、「東銀座の知らなかったことが知れてよかった。朝の時間を活用できたのも有意義だった。」と、語っていました。

一般社団法人 東銀座エリアマネジメント 渋谷氏

初開催ということで、スタッフの皆さんの緊張感が伝わってきました。今回はタイムスケジュール的に各席での交流は少し時間が足りなかったかもしれません。そのことも含めて、東銀座エリアマネジメントの渋谷氏にイベント終了後に率直な感想を聞いてみました。
「初めての開催だったのでいろいろ課題があるなと思いました。ですが、次に繋げるようにポジティブに捉えています。」
「ヒガギンメイトは年に4回の開催を考えています。今回は朝活トークイベントでしたが、次回以降は違うかたちを考えています。内容によっては昼や夜に開催するかもしれません。『東銀座(ヒガギン)の友だちを募集中!』というテーマでやっていきますので、皆さまぜひ参加していただければと思います。」

美味しいグルメの名店や、歌舞伎座をはじめとする老舗も多いことから注目度が高い東銀座。今後も開催していくとのことなので、東銀座ファンにはたまらないイベントではないでしょうか。
仕事・趣味・子育て・地域活動など、今後ますますボーダーレス化が進むような気がします。アーティストの一面を持つ松崎氏、アサゲ・ニホンバシで多くの人達のクロスオーバーをプロデュースしてきた川路氏。今回この2人ををゲストに招いたことにもそういう意味があるはず。ヒガギンメイトの今後に注目したいです。

一般社団法人東銀座エリアマネジメント
公式ホームページ
インスタグラム


↓ 過去記事「松﨑煎餅」の瓦煎餅(銀座四丁目)/【中央区和みの散歩】 ↓

地域企業・団体に協賛いただいてます

株式会社Insity

(日本橋小網町)

明治安田生命保険相互会社 丸の内支社

(八重洲)

株式会社ネオ・コミュニケーションズ

(日本橋箱崎町)

StandardLS株式会社

(日本橋小舟町)

株式会社仕事以外ドットコム

(日本橋堀留町)

>>協賛について

ユキイデ (編集部)

2006年から日本橋エリアに住み始める。 南大阪生まれの巨漢。デスメタルが大好き。 おばあちゃん子。