月島再開発「わたし児童遊園」閉鎖、代替公園が5/17オープン

~ 「月島の渡し」の名残を残す歴史ある公園は今後どうなる? ~

2022.05.19
文、撮影:ユキイデ
月島三丁目北地区市街地再開発が本格的に始動し、「わたし児童遊園」が閉鎖されてしまいました。それに代わる公園がすぐ近くの場所に「代替公園」として5/17にオープンしました。

代替公園に行ってみた

わたし児童遊園閉鎖に伴い登場した代替公園

代替公園はわたし児童遊園からすぐの場所。西河岸通りを佃方面へ約100メートルのところにあります。もともと民間の駐車場だったところです。
敷地面積はほぼ変わらない広さだと思われますが、植物が無いぶん広く感じます。
この公園のことについて書かれた看板もなく正式名称がよくわからないため、中央区民マガジンでは「代替公園」と呼ぶことにします。
「ボール遊び禁止」「ペットはリードをつけて」の様な、公園でよく見るルール掲示板もありません。

ベンチは3つ設置

わたし児童遊園にはベンチの上に日よけとして植物がありましたが、代替公園にはありません。これから暑くなる季節ですので直射日光に注意が必要です。

シーソー

すべり台

見覚えのあるシーソーとすべり台。遊具はわたし児童遊園から移設された様です。
スペースの問題でしょうか、移設されなかった遊具は以下の通りです。
ブランコ、鉄棒、大きな足の形をした遊具

遊具以外に移設されなかったものは以下の通り。
公衆トイレ、公衆電話、水道・水飲み場
全ての設備を移設するのは難しいとしても、砂場があるので水道は設置して欲しいところでした。

囲いのある砂場

町会の防災機材庫・防災倉庫

町会の防災関係の倉庫などもちゃんと移設されていました。いざという時に探さないように移設されたことをしっかりと覚えておかなくてはいけませんね。

グレーの砂の地面

まだ新しいのでとても綺麗な砂でした。あまり埃が舞いにくいものだと思われます。

公園の奥には出入口がある

代替公園には出入口が2つあり、写真は正面出入口から入って右奥のところ。ここから隅田川沿い遊歩道へ通り抜けることができます。

隅田川沿い遊歩道へ続いている

写真では手すりが見えますが、ここは短い階段。スロープではないため車椅子やベビーカーは通行できません。階段を背にして写真の右側方向に進めば通行することができます。

公園の隣の建物に通じている

奥に少し見えるのが隅田川沿い遊歩道へ通じている階段。隣のこの建物には保育園「ポピンズナーサリースクール月島」が入っています。公園にいると保育園の子ども達の元気な声が聞こえてきました。

代替公園奥からの眺め

フェンスの向こうにはかなり年季の入った看板が

わたし児童遊園は今後どうなる?

かつてのわたし児童遊園(2021年4月27日撮影)

大きな足のかたちをした遊具が懐かしいです。コンパクトな公園でいつも子ども達の姿と元気な声が絶えない楽しい公園でした。
犬のお散歩やランニング・ウォーキングをしている方もよくここを通って隅田川沿い遊歩道に抜けていたと思います。

現在のわたし児童遊園(2022年5月18日撮影)

いまはもう閉鎖されて中に入る事が出来ません。安全に工事が進むことを願います。

貼り紙に詳細が

これによるとわたし児童遊園は無くなってしまうのではなく、元の場所に建物が建てられ、その建物の2階(屋上)に整備されるみたいです。公衆トイレもちゃんと設置予定です。
図をじっくり見ると、西河岸通りの上を通る空中通路があります。1階部分にはどんな施設が入るのでしょうか?銀座1丁目に2020年春リニューアルオープンした、屋上が公園になっている水谷橋公園のような感じのイメージでしょうか。

わたし児童遊園の「わたし」は月島の「渡し」のこと

わたし児童遊園の敷地内には写真のようなパネルがありました(2021年撮影)。パネルには月島の渡し跡について詳しく書かれてあります。この場所はかつて渡し船の乗船場所があった辺りだと思われます。明治時代から勝鬨橋が架橋される昭和15年まで船が行き来していました。歴史のある場所だったことから命名された公園なので、無くなってしまうのではなく受け継がれるのは素晴らしいことだと思います。

2021年4月27日撮影

工事が完了しリニューアルオープンするのは2024年の7月予定。その頃には目の前には地上58階・高さ199メートルの巨大なタワーマンションが完成しているはずです。ここの再開発について周辺住民への取材を続けてきましたが、多く住民が反対しとても長い時間を要したと聞いています。
わたし児童遊園にはたくさんの美しい植物がありました。代替公園は植物が無く寂しい公園ですが、リニューアルされるわたし児童遊園には植物が多い子ども達やお年寄りにとって居心地の良い公園になって欲しいです。

東京都都市整備局に掲載されている完成イメージ

再開発の対象エリアには「月島長屋学校」も含まれています。「月島長屋学校」とは、人気TV番組ブラタモリに出演した、湾岸エリアに詳しい芝浦工業大学の志村秀明教授の活動拠点です。月島出身の志村教授と学生たちが、忘れかけられている月島の本当の魅力やコミュニティのあり方などを発信し続けてきました。取り壊しが決まっておりますが最後の最後まで中央区民マガジンはその姿を追いかけようと思います。

わたし児童遊園の代替公園
住所:中央区月島3丁目24


ユキイデ (編集部)

2006年から日本橋エリアに住み始める。 南大阪生まれの巨漢。デスメタルが大好き。 おばあちゃん子。

公式SNS
サイト内検索