「オリンピック・アゴラ」日本橋の色んな場所にアートが出現

~ 福徳の森やコレド室町テラスなどで8/15まで開催 ~

2021.07.22
文、撮影:ユキイデ
いよいよオリンピック開催まで秒読み。オリンピック開催期間に合わせて、日本橋界隈に不思議なアート作品が出現したのはご存知でしょうか? コレド室町1のビルのファサードや、三井本館の前、コレド室町テラスなど、いろんな場所に展示されています。
これはIOCの新しい取り組み「オリンピック・アゴラ(Olympic Agora)」と呼ばれるもので、7/1(木)から8/15(日)まで開催されています。

IOCの新しい取り組み「オリンピック・アゴラ」は、三井不動産(株)がこのプロジェクトのオフィシャルパートナーとなり、オリンピックの精神と理念をテーマにしたアート作品が展示されるとのことです。
因みに「アゴラ」とは、古代ギリシャの公共空間という意味らしく、そこから着想を得たのだとか。
アートが展示されている街の様子を動画(4K)で撮影してきました。ぜひご覧ください。

Twitterでも投稿しております。
こちらは福徳の森に展示されている作品。戸鋪誠さんの作品で「連帯と協力」らしいです。夜になると点灯され幻想的な雰囲気でした。

オリンピック・アゴラ公式ホームページ
https://olympics.com/olympic-agora/ja/

【PR】中央区民マガジンサポーター募集!

地域サポーターを募集しています!

中央区民マガジンの記事を充実を目指して年会費制の地域サポーターを募集しています。応援よろしくお願いします。

ユキイデ (編集部)

2006年から日本橋エリアに住み始める。 南大阪生まれの巨漢。デスメタルが大好き。 おばあちゃん子。

→instagram
→Youtube