「おばあちゃんと三原堂本店のかしわ餅」中央区の素敵なエピソード紹介します

~ #頑張れ中央区 あなたの中央区を愛する話大募集! ~

2020.04.22
文、撮影:ユキイデ
コロナの影響で緊急事態宣言が発令され、外出自粛の日々が続いています。
編集部ユキイデはTwitterである企画を思い付きました。
「#頑張れ中央区」のハッシュタグを付けて、こんな時だからこそ中央区への地元愛を恥ずかしがらずに語り合いましょう!というものです。

※「#頑張れ中央区」は中央エフエムさんが始めたものを使用させてもらいました。中央エフエムさん、ありがとうございます!

ユキイデが出会ったおばあちゃんと三原堂本店のかしわ餅

10年以上前、水天宮前の交差点を歩いて渡っていたら、腰の曲がったおばあちゃんが交差点の真ん中で立ち止まってしまいました。
(家族でも何でもないですが、敬意と愛をこめて「おばあさん」ではなく「おばあちゃん」と呼ばせていただきます)
赤信号になり車が動き出す。
すかさずユキイデは戻って車を制止、おばあちゃんの手を握り赤信号を一緒に渡り切りました。
おばあちゃんは何度もありがとうと言って手を強く握り、離そうとしませんでした。
「僕にもおばあちゃんがいて、大阪に住んでるんですけど、前に交差点で交通事故に遭ったんです。でもリハビリして歩けるようになったんですよ。」
そんな話を何分も立ち話。

おばあちゃんは手に提げていた袋に手を入れて、
「かしわ餅をあの店(三原堂本店)で買ったのよ。今日はこどもの日でしょ?孫にあげようと思って。でもたぶん食べないからあなたにあげるわ!笑」
丁重にお断りしたところ、おばあちゃんは少し残念そうな表情をしましたが、「元気になった!」と言って表情を変え、ひとりで歩いて帰っていきました。

もうすぐこどもの日 (2018年5月撮影)

その後10年以上経ちましたが、おばあちゃんに会うことはありません。
こどもの日が近付くと、おばあちゃんと三原堂のかしわ餅をことを思い出します。
今思うとあの時、かしわ餅をいただいておいた方がよかったのかな…と少し後悔しています。
おばあちゃんはきっとまだ水天宮の近くで元気に暮らしていると思います。
今年の子どもの日には、三原堂にかしわ餅を買いに行こうと思います。
おばあちゃんに出会ったら今度はユキイデがおばあちゃんにかしわ餅をお返ししようと思います!

※念のためですが、この記事は三原堂さんから1円もいただいてません。

懐かしい思い出の写真。ユキイデ、ひいおばあちゃん、姉

御菓子舗 三原堂本店
中央区日本橋人形町1-14-10
TEL:03-3666-3333
http://www.miharado-honten.co.jp/
※お店に行く場合は事前に営業状況をご確認ください

Twitterで集まった素敵なエピソードご紹介

↓cさん「ご婦人からのお花」↓

↓大納言さん「十思湯」↓

↓東京都中央区民のママさん「美奈福のおでん」↓

↓cさん「働く人も優しい」↓

どれも素敵なエピソードですね。
優しさを貰ったり、暗い気持ちを読み取られて励まされたり。
どのエピソードも、住む・働く「人」が登場して、温かい気持ちになれますね。
エピソードに登場した人たちにお会いしたくなります。

「#頑張れ中央区」中央区の素敵なエピソード大募集!

中央区には古い歴史のある街が、新しい人たちを受け入れて未来に向かっています。
きっとユキイデが体験したようなエピソードが、日々街中で繰り返されていると思います。
それはこの街だからこそ起きる素敵なドラマだと思います。
今は外出自粛中。会いたい人になかなか会えない。でもいつかまた会える!
どんな恩返しをしようかな?そんなことを考えて、計画してみてはいかがでしょうか?
「#頑張れ中央区」まだまだエピソード募集しています!
ぜひTwitterやInstagramでも投稿してみてください。

ユキイデ (編集部)

2006年から日本橋エリアに住み始める。 南大阪生まれの巨漢。デスメタルが大好き。 おばあちゃん子。

→instagram
→Youtube

公式SNS