違法街路樹バナナ、伐採→復活→また伐採へ

~ 切り株からの復活劇も再度伐採へ ~

2022.09.16
文:山下信治
日本橋堀留町の街路樹に無断植栽されていた違法バナナこと「芭蕉(バショウ)」の木。2021年11月に区によって伐採されたニュースをお伝えしましたが、なんと切り株状態から一年弱で驚異の大復活。大きな葉を広げていました。
しかし、やはり交通に支障をもたらすとのことで再度伐採されることになりました。

日本橋堀留町、人形町通りの一角に夏になると黄色いバナナのような実を付ける街路樹がありました。これはバナナではなく芭蕉(バショウ)という木。食べられません。

実はこの街路樹、区が植えたものではなく、勝手に植栽された厳密には違法な街路樹でした(以下、違法バナナ)。一部の地元民には親しまれていたのですが、秋になると葉も朽ちて汚く、また大きな葉が人形町通りにはみ出て危険な状態のため、2021年11月に区役所が伐採しました。

一度は切り株状態になった違法バナナですが、あれから約10ヶ月。驚異の復活を遂げていました。

違法バナナ全盛期

伐採前の2020年6月頃

毎年夏になると見事な実が実っていました。食べた方もいるとかいないとか。ネット情報によると苦くて渋くて食べられないとの記述。

違法バナナの最期…?

2021年11月

中央区役所土木部水とみどりの課によって伐採されました。これにて一件落着かと思いきや…

違法バナナ、奇跡のカムバック!!

2022年9月。大復活

あの切り株状態から復活。まさかの9カ月で2メートル越えに成長。確かに「切り方、雑だな~」とは思ってたんですが。

人形町通にはみ出して危険

高さがない状態で葉が大きく横にせり出すため、確かに車道側も歩道側も邪魔で仕方ありません。

1メートル以上のはみ出し

今までの傾向だと秋になるにつれ葉も枯れ始め、さらに酷い状態になるのは明白。去年に引き続き「水とみどりの課」により伐採されることになりました。

伐採の通͡告

念のために「水とみどりの課」に連絡をしました。

編:堀留町のバナナのような街路樹の掲示を見て電話したのですが、このバナナ、昨年も伐採したの把握してますか?
水:確かに近くで昨年に伐採の記録がありますね。○○の近くですか?
編:(おい、コラ)全く同じ場所ですね。去年の切り株から生えて来たんですよ。
水:ご連絡ありがとうございます。我々も再度の作業は非効率なので、きちんと記録して今回はしっかり処置したいと思います。

把握してたか怪しい感じですが、記録してくれたようなので今年はキッチリ根こそぎ処理してくれるでしょう。また切り株状態だった時は再度連絡を入れたいと思います。

以上、違法バナナの復活(および伐採)劇の様子をお送りしました。

山下信治 (編集長)

中央区民マガジン編集長。その割に中央区に住み始めて10年程度の新参者。BABYMETALとコリドラスが心の拠り所。東京都板橋区出身。

公式SNS
サイト内検索