目指せ宇宙飛行士!『日本宇宙少年団 東京日本橋分団』結団式(2/2ページ)

~ 夢いっぱい!宇宙時代に活躍する人材が日本橋から ~

2022.09.09
文、撮影:山下信治

(1/2):日本宇宙少年団 東京日本橋分団』結団式

(2/2):宇宙飛行士、山崎直子さんの「宇宙の話」 ←NOW!

山崎直子さんの「宇宙の話」、質問コーナー

結団式にはYACの理事長を務める宇宙飛行士の山崎直子さんも登壇し「宇宙の話」をしました。自身が宇宙飛行士を目指した動機や選抜までの経緯や苦労、感じたことを話します。
結団式の来賓が宇宙飛行士試験の担当試験官だったりと意外な裏話もありました。

後半には団員からの質問コーナー。子供達の多種多彩な質問に丁寧に向き合って優しく笑顔で答えていました。10人以上の質問に答えていたのではないでしょうか。

宇宙飛行士を目指す子供にとってのヒーローと直接お話できるなんて夢のようですね。冒頭の動画にも質問コーナーの様子を収録しました。是非ご覧ください。
山崎さんが宇宙食の中でカレーライスが好きな理由はなんでしょう?

質問コーナー

山崎直子さんが中央区民マガジンをリツイートしてくださった時の「宇宙時代を担う、宇宙船地球号の乗組員」というフレーズ、カッコいいですね!

宇宙に関わる「プロ」との触れ合い

YAC東京日本橋分団の素晴らしいところが宇宙開発の最前線で活躍する人や企業など「宇宙に関わるプロ」と自然に触れあえること。「はやぶさ2」のプロジェクトマネージャーを招いて開発秘話を聞いたり、人工衛星の製作現場を見学したり、現役宇宙飛行士と直にお話できたりと貴重な体験がたくさん出来ます。

この日も結団式の後に日本橋室町のavatarin株式会社のロボット「newme(ニューミー)」を体験。鹿児島県のJAXA種子島宇宙センター宇宙科学技術館のnewmeを団員自ら遠隔操作しました。

種子島とリアルタイムで

未来の宇宙飛行士を日本橋から

現在、日本橋にはJAXAを筆頭に宇宙開発や宇宙関連ビジネスの企業が続々と集まっています。これから様々な形で宇宙に関する最新のムーブメント・技術が地元の子供達に還元されると思います。日本橋から宇宙時代を担う人材が、宇宙飛行士が誕生することを考えるとワクワクしますね。

YAC東京日本橋分団は月に一回、日本橋に集まって定期的な活動を行う他、不定期で色々なイベントも企画しているそうです。
いまのところ追加団員の募集はしていませんが、今後募集をする場合はSNSでお知らせしていくとのことです。是非、SNSもフォローしてみてください。

日本宇宙少年団 東京日本橋分団
公式サイト
Twitter
Instagram

こういった夢のある話題は本当に嬉しいです。これからも中央区民マガジンは継続的にYAC東京日本橋分団を応援・取材していきますので、ぜひ皆さんも注目してください。

(1/2):日本宇宙少年団 東京日本橋分団』結団式

(2/2):宇宙飛行士、山崎直子さんの「宇宙の話」 ←NOW!

山下信治 (編集長)

中央区民マガジン編集長。その割に中央区に住み始めて10年程度の新参者。BABYMETALとコリドラスが心の拠り所。東京都板橋区出身。

公式SNS
サイト内検索