「バスターミナル東京八重洲」9月開業へ 東京駅前の地下に新BT バス停どう再編? | 乗りものニュース

東京駅の八重洲側で建設中のバスターミナルの名称が「バスターミナル東京八重洲」に決定しました。3期に分かれて開発されますが第1期目が9/17に開業予定とのこと。建物の1階~地下2階がOPENし、バス乗り場は地下2階になります。

「八重洲口周辺の路上バス停」や「東京駅鍛冶橋駐車場」の高速バスが順次「バスターミナル東京八重洲」に移っていくようで周辺の交通事情や東京駅からのアクセスが改善されることが期待されます。人の流れも変わるでしょうか。

バスターミナルの上層階は「東京ミッドタウン八重洲」として23年春オープン予定ですが、地下1階の13店舗がバスターミナルに合わせて9/17に先行オープンするとのことです。

詳細な内容はUR都市機構と京王バスが発行したプレスリリースをご覧ください。

※詳細は↑の記事(外部リンク)をご覧ください。