今年の節分は124年ぶりに2月2日。節分祭りは軒並み中止

2021.02.01
文:山下信治
毎年2月3日の節分ですが、今年はなんと124年ぶりに2月2日。皆さんお間違えの無いよう。
緊急事態宣言下ということもあり区内の節分に関するイベントは軒並み中止です。

中央区民マガジンは地域の人と繋がるSNS『地区トーク』を応援しています!

節分といえば2月3日。私もそう信じて40年間生きてきました。
ところが今年は2月2日が節分とのこと。

節分とは一般的に立春の前日。春分の日などと同じでずれることがあるそうです。
2月2日が節分になるのは124年ぶりだそうですが(1984年は2月4日でズレること自体は37年ぶり)、今後は2025年、29年も2月2日が節分になり、毎年の確認が必要になっていきそうです。

詳しくは国立天文台、、、と思ったのですがあまり詳しくなかったので、知りたいことがまとめてあったこちらのサイトを紹介します。

本来であればこの後に鐵砲洲稲荷神社や水天宮、椙森神社など各神社や歌舞伎座など各施設の豆まきイベントを案内するのですが今年は軒並み中止。今年は「鬼は外!」より「コロナ外!」とご家庭内で厄除けしましょう。
一部、個別に厄除け特別祈願を行っているところもありますので各神社の案内をご覧ください。

恵方巻の予約がまだ間に合うお店もあると思いますので、近くの飲食店で恵方巻をテイクアウトも良いと思います。

どうでも良い情報ですが編集部は二人とも偶然にもこの恵方巻を頼んでおりました。
※既に予約受付は終了だそうですが、当日分が数本あるとのことです。

山下信治 (編集長)

中央区民マガジン編集長。その割に中央区に住み始めて10年程度の新参者。BABYMETALとコリドラスが心の拠り所。東京都板橋区出身。

公式SNS
サイト内検索