ビックカメラ日本橋三越 9/18(金)増床オープン フィットネスやおもちゃ売場が充実してる

~ 新館6階・7階の2フロア体制、売場面積1.7倍に ~

2020.09.18
文、撮影:ユキイデ
ビックカメラ日本橋三越が9/18(金)増床オープンし、6階・7階の2フロア体制になりました。
2020年2月に日本橋三越本店の中に開店し、高級路線で話題を呼んだ事が記憶に新しいですが、今回の増床で売場面積を従来の1.7倍の約2,000㎡に拡大。
新たにフィットネス機器、おもちゃ、照明器具を導入するほか、リフォームの相談ができる「リフォームカウンター」が設置されました。

増床された7階フロアイメージ (報道関係資料より)

増床された店内の様子

編集部ユキイデはオープン当日朝に行われた記者内覧会に行って参りました。
多くの記者が注目していたのは7階のフィットネス機器を展示する「KADEN FiTNESS」。

7階の「KADEN FiTNESS」

ビックカメラは、コロナ禍の運動不足解消や健康への意識が高まっているという理由でコーナーを設置。お家で楽しめるフィットネス機器や、カロリー表示機能付き炊飯器などが展示されています。フィットネス専門知識を有する販売員が常駐しお客さまのご要望に合わせた提案を行う、とのことです。

おもちゃ売り場に注目

編集部ユキイデが注目したのはおもちゃ売場。
息子6歳、現役で子育てをしている住民目線でじっくり眺めてきました。

ストライダーや乗用玩具

知育玩具の種類が豊富

定番のLEGO

プラレールもズラリ

もちろんゲームもあります

おもちゃ売場の担当の方に詳しく聞いてみました。
「以前より日本橋三越に来られたお客さまから「おもちゃ」の問い合わせが多く、お子さまやお孫さまにプレゼントしたいという声が多かったため、今回の増床でおもちゃ売場を設置しました。ご高齢のお客さまがお孫さまのためにプレゼントする、というニーズに応えるでかたちで商品を取り揃えています。」

確かに、知育玩具やちょっと親が買うにはためらう高級なおもちゃが目に留まります。おもちゃ売り場にありがちな大きな広告やデモ機はすっきりと取り払われ、落ち着いて商品が選べる売場だと感じました。
その反面、大人が楽しめるパズルやプラモデルなどがほぼ置いていなかったので、その点は少し残念だと感じました。

ビックカメラ日本橋三越の橋本店長と三越伊勢丹の斉藤氏

最後に、橋本店長に日本橋という土地で営業する事に対して意識していることをたずねてみました。
「日本橋三越さんの中で営業するということで、開店当時からビックカメラとして気を付けているのは、ガラリと雰囲気が変わってしまわないことです。お客様が自然に『ここは家電が売られている売場だなぁ』という風に感じてもらいたいです。上からの吊り下げ広告を省き、担当者がお客様と接して言葉で伝えるスタイルをとっています。喜んでいただいてる声が多数の反面、がっかりされているお客さまもいるのでは?という不安を持ちつつ日々営業を模索している状況です。」

開店当初から「世界の三越ブランドにビックカメラが?」という声をたまに耳にしますが、ユキイデはこのお店がお気に入りです。何度かお買い物をしましたが、家電量販店にありがちなガチャガチャした売場では無く、店内のBGMも穏やかです。いつかライカやフェーズワンをさらっと買える漢になりたいです。そしておもちゃ売り場ができたということで、日本橋エリアに住むパパママ注意です。心の準備をしてお立ち寄りください。

ビックカメラ日本橋三越
住所:中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越本店 新館6階、7階
電話:03-5542-1111
営業時間:10:00~19:00(日本橋三越本店に準ずる)
https://www.biccamera.com/bc/i/shop/shoplist/shop128.jsp

ユキイデ (編集部)

2006年から日本橋エリアに住み始める。 南大阪生まれの巨漢。デスメタルが大好き。 おばあちゃん子。

→instagram
→Youtube

公式SNS